刺すヒアルロン酸シートの針の長さ

刺すヒアルロン酸シートの針の長さ 一番長いのはどれ?

刺すヒアルロン酸シートの針の長さ

 

刺すヒアルロン酸シートの針の名gさはメーカーによって違いがあります。とっても小さいサイズので実際に長さをはかるわけにはいかないですが、どのくらいの長さがあるかは分かっています。ダーマフィラーや資生堂のナビジョンhaなど、いろんなメーカから発売されていますがほとんどのヒアルロン酸シートパッチの針は20マイクロメートル何です。ダーマフィラーもナビジョンha,、パナソニックやMTGの高額なものも針の長さは20マイクロメートル。

 

 

20マイクロメートルっていっても想像ができません。そこでミリ単位に直してみると0.02ミリメートルです。0.02ミリというのは表皮の一番上にある角質層の厚さとほとんど同じです。ということは刺すヒアルロン酸を貼ると角質層の底に針が届くことになりますね。

 

でも、角質層よりももっと奥に届いたら効果があがるかも、って思いませんか?

 

そんな願いが叶う刺すヒアルロン酸シートパッチがあるのを知っていますか?それがスパトリートメントのiマイクロパッチです。針(ニードル)部分の長さは25マイクロメートルなので0.025ミリあります。角質層の底を超えて顆粒層に到達しそうな長さですからさらに肌の奥にヒアルロン酸がはいることになるでしょう。

 

スパトリートメントのiマイクロパッチの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
【iマイクロパッチ】

 

角質層の上にはセラミドが存在し肌の水分保持の働きをしています。表皮に水分がたっぷりとある肌は外からの刺激をブロックするバリア機能が働き美肌を維持してくれるでしょう。

 

角層の一つ下にある顆粒層の役割は紫外線をブロックする働きとバリア機能の役割も担います。

 

肌の大敵、乾燥をヒアルロン酸でウルウルに

 

乾燥や紫外線ダメージが続くと角層の水分が減少することになります。そうなるとバリア機能が低下し赤み、かゆみ、湿疹などの肌トラブルが増えてくるでしょう。乾燥した角層を早く潤いで満たしてくれるのが刺すヒアルロン酸シートです。

 

肌の厚さは個人差があるものです。角層も例外ではありません。だから0.02ミリよりも0.025ミリの方がヒアルロン酸がしっかりと入り確実に潤いで満たしてくれるでしょう。

 



関連ページ

刺すヒアルロン酸シートの価格比較
マイクロニードルでできた刺すヒアルロン酸シートで通販購入できるメーカーの価格を比較しています。
刺すヒアルロン酸シートの成分
刺すヒアルロン酸シートはマイクロニードルでできた針が並んだシートです。針の成分はヒアルロン酸だけではありません。どんな成分がニードルの中に含まれているのか確認しました。